兵庫県倫理法人会は経営者の自己啓発と企業の繁栄を目指し、活力あふれる職場づくりを通して地域社会に貢献します。

活動方針・会員心得・沿革

倫理法人会憲章

倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に、経営者の自己革新をはかり、心の経営をめざす人々のネット憲ワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体である。
これがため以下の「活動指針」と「会員心得」を掲げる。

活動指針

1
倫理の学習と実践の場を提供し、
よりよい生活習慣とゆたかな人間性をそなえたリーダーを養成する。
2
深く家族を愛し、篤く祖先を敬い、
なごやかでゆるぎない家庭を築く人を育てる。
3
「明朗」「愛和」「喜働」の実践により、躍動する職場づくりを推進する。
4
愛と敬と感謝の経営をめざす会員の輪を拡げ、
各種の活動をとおして地域社会の発展に寄与する。
5
自然を畏敬・親愛し、「地球人」たる自覚を深め、
環境の保全と美化に貢献する。

会員心得

  • 一. 朗らかに働き、喜びの人生を創造します。
  • 一. 約束を守り、信頼の輪をひろげます。
  • 一. 人を愛して争わず、互いの反映をねがいます。